スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

暗闇に浮かぶ不気味な骸骨クリプトンスケルトン

entry_img_292.jpg
ポートランドに拠点を置く彫刻家エリック·フランクリン(Eric Franklin)は、完全中空イオン化クリプトンで満たされている見事な光の解剖学的構造を構築します。


skel-1.jpg

あらゆるガラスのシールは完璧でなければなりません、そしてその部分は何百もあります。至る所で1本のチューブはもう一つのガラスチューブに繋がります。クリプトンの光度を保存するために完璧でなければなりません。 1つの危険な分子がガラス管の空隙の内部に入るならば、それはガスを汚染することになり、それはもはや輝きません
不純物が混入しないようガラスが熱いうちに高真空にし、クリプトンを流し込みガラスが閉め切られます

気の遠くなるような繊細な作業で製作時間は2年間で1000時間だそうです

eric-1.jpg

eric-2.jpg

eric-3.jpg

eric-6.jpg

eric-4.jpg

eric-5.jpg

via:Embodiment: A Neon Skeleton by Eric Franklin

☞ 関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


follow me
はてなブックマークに追加
人気記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
お世話になってます
おすすめbook
ブログについて
このブログについて
当ブログで掲載、配信している動画及び画像の著作権
または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 このブログは著作権の侵害を目的としたサイトではありません。 もし掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメールでご連絡下さい。 最大限、迅速に削除、改変の対応を取らせて頂きます。
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

電話サポート体制
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。