スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

自らの血液で排他的に描く、悪夢のような主題の比喩的なアートが驚愕

よりよく「芸術とアーティストの間の障壁を溶解する」、ニューヨークに拠点を置くアーティスト・ヴィンセントCastigliaは、彼の不穏な絵の媒体として、彼自身の血を使います。


多くのアーティストの作品には血と汗と涙の結晶だと思われますが、ヴィンセントCastigliaは「血」の部分に真剣に取り組んでいるようです。
彼の芸術キャリアを通して、彼はおよそ12パイント(5.6リットル)の血を使いました。 「私の仕事は、文字通り芸術の祭壇の上の血犠牲である」と、画家は言います。
vincent-castiglia-blood2-550x754.jpg

大きな血の絵画を完了するには数ヶ月かかることがあり、彼の作品は950ドルから26000ドルの価格の幅がある。Castigliaの芸術は、アメリカやヨーロッパで主に展示されているが、スイスのヘヴィメタルバンドTriptykonのデビュー アルバムのカバーとして使用されたり、2010年のホラー“Savage County”のポスターなどに使われています

vincent-castiglia-blood3-550x720.jpg


彼の展示は、生と死の間でわかる人生のはかなさと調和をテーマにしています。
例えば、彼は「feeding」を引用しました。それは車椅子で腐敗している足の母が母乳で育てている幼児を見つめています。人生のはかなさを表現し、まだそれを伴うことができる生命と望みともろさを表していると、彼は言います。
vincent-castiglia-blood.jpg

vincent-castiglia-blood4.jpg

vincent-castiglia-blood5.jpg



Photos © Vincent Castiglia via Facebook
wikipedia - Vincent Castiglia
via: New York artist Paints with His Own Blood


☞ 関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


follow me
はてなブックマークに追加
人気記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
お世話になってます
おすすめbook
ブログについて
このブログについて
当ブログで掲載、配信している動画及び画像の著作権
または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 このブログは著作権の侵害を目的としたサイトではありません。 もし掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメールでご連絡下さい。 最大限、迅速に削除、改変の対応を取らせて頂きます。
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

電話サポート体制
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。