スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

風の力で地雷除去「Mine Kafon」とてもシュールな見た目だがとても素晴らしかった

アフガニスタンは、1000万もの地雷が撤去できずに放置されたままです

Massoud Hassaniはカブールで育った子供の頃、風の力を利用して転がるおもちゃでよく遊んだそうです

山からの風がとても強くあまりに遠くまで転がり、そのおもちゃが地雷ゾーンまで行ってしまい取りにけなかった

そして20年後、子供の頃と変わらない発想と子供の頃と変わらない放棄された地雷ゾーン。デザイン学校の卒業制作として彼はまた風で転がるおもちゃを作りました

minekafon.jpg

竹と生分解性プラスチック(微生物などによって分解し、最終的に水と二酸化炭素に完全に分解する)などシンプルな素材を使用して構築された地雷撤去装置Mine Kafon

風によって運ばれるタンポポ状のオーブ、外面を覆うプラスチック製のパッドは不発弾を爆発させ、最小限のダメージで爆発の衝撃を吸収します。
GPSチップを搭載し、このチップによってコンピューターでその現在位置と通過した場所を追跡できる仕組みになっている



低コスト・環境にやさしい材料・量産が可能。まだ改良を重ねなければいけなそうですが、正しい方向への第一歩と感じる素晴らしいプロジェクトですね

こちらで詳しいストーリーとプロジェクトを参照してください - 死の砂漠を蘇らせるために―「Mine Kafon」

via Make

photo via Massoud Hassani, video directed by Callum Cooper

☞ 関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • newsing it!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


この記事へのコメント

これ範囲も狭そうだし壊れそうだし処理済みも判らなそうでどうするのかと思ってたが
案外壊れずに割と広めでGPS積んでたんだなあ
よくできているが、線じゃなく面で安全を担保できないと厳しいと思うな
GPSは数メートルの誤差なんか割と普通だから
球じゃなく円筒にして車両のように運用できないものかね
これは地雷を除去して安全地帯をつくるというよりは、ばら撒くことで地雷の総数を減らして邂逅する率を下げるって趣旨だろうな。その点で効果はありそうだ。しかし、これじゃ東南アジアの密林では使えないな。
100個ぐらい並べて一斉に転がしたいね
>3
360°風の力を利用するなら、車輪タイプはやっぱ難しいんだろうね。
>>6
ヨットみたいな帆を付ければどうかな
みんなのカキコミみておもったけど、日本人の「カイゼン」精神はもうDNAレベルやな。
棒に竹を使うとはいいアイディアだね。
飛行機で空から一斉に土で出来たレンガとかを地面にばら蒔いて地雷を爆破させればいいんじゃね?クラスター爆弾のレンガバージョンみたいにしてさ。
所謂、地雷原と指定されているところで
使うには非効率的過ぎるかな?
ただ、安価で誰でも作れるらしいから
地雷の総数を減らして正規の地雷処理時にかかる
コストや労力を減らす事には寄与するかもね。
>>11
総数を減らしてもコストや労力は減らないかと
例えが難しいが…
ペンキを一面に壁に塗り潰すのが仕事としよう
筆でアトランダムにグチャグチャにラインを引いても
筆での塗り残しを筆で塗り潰すのは逆に労力がかかる
だから最後にはローラーバケを選択するのだが
それなら最初からローラーバケを選択するのと労力は変わらない

ただまあ転がしておけば踏む確率が減るくらいには役立つとは思うし、それは大事な事だとも思う

これを幾ら転がしたところで地雷注意の看板は永遠に取れない
「これはその土地の安全を保障するための器具ではない」
と言う事は大前提であり、その為に作られたものではない

安全保障の面ではそれは従来通りのローラーバケがやる
これはなるべく不幸の確率を減らす為の自動的にランダムに動く筆
と割り切れば良い
何でもこれでやる必要は無い、
地雷除去車には地雷除去車の意味があり
これにはこれの利点と意味がある
(解り辛かったので修正)
単純に考えて少しでも地雷が減らせれば地雷除去車の損耗が減るからいいんじゃないかな。
地雷除去車だって処理個数が多ければ早く壊れるし交換パーツにもコストが掛かる。
そう考えると全く無意味というわけでもなさそうだよ。
ローラー型が難しい理由のひとつに、圧力の問題があると思う。
地雷を起動するのにいくらかの“重さ”が必要になるからね。
そういう意味で圧力が点でかかりやすい“球”になったんじゃないかな。
そもそも、あの狭い地域に1億以上の地雷がばらまかれているわけで、人手や地雷除去車だけで全てを除去しようってのが無理な話。
費用対効果もぜんぜん合わない。
それが地雷のメリットでありデメリットでもあるんだが、これなら費用も少なくて済むし、何より労力もかからない。
どうせ、あと何十年もほったらかしにしとくんだから、これを年に100~200ばらまいとけば後での
苦労も減る。
素晴らしいアイデアだと思うよ。
ただ、範囲が狭いのは確かだからもっと大型化するか、周りを巻き込む工夫が必要かもね。
>>10
地雷も何とか除去されないようにいろいろ考えられてて、人が踏みつけるスピードで圧力が掛からないと信管が作動しないものがあったりするんでちと厳しい。
なんかみんな真剣に語ってて
テオ・ヤンセンのKinetic Sculptorでやって欲しいだなんて言えない空気
これたくさん横並びにつなげて両端を車両につなげて走らせれば綺麗に地雷除去できるんじゃね
処理済みの確認は殆んど出来ない。処理結果が新たな危険をもたらす可能性さえある。言っちゃ悪いが、程度の低いお遊び。それも大層危険な悪ふざけに見える。地雷仕掛けた奴と同程度の、低次元にとどまる理由が知りたい。日本の「山梨日立建機」雨宮社長の爪の垢を…と言いたい気持ち

コメントの投稿

非公開コメント


follow me
はてなブックマークに追加
人気記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
お世話になってます
おすすめbook
ブログについて
このブログについて
当ブログで掲載、配信している動画及び画像の著作権
または肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 このブログは著作権の侵害を目的としたサイトではありません。 もし掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメールでご連絡下さい。 最大限、迅速に削除、改変の対応を取らせて頂きます。
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

電話サポート体制
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。